「楽器を演奏する」というのは「体を動かす」ということ。

人は習慣化されたセルフイメージをもとに、動いています。

時にはそのセルフイメージが、無意識に自分の体に制限をかけていることも。

しかし、その制限がなくなった時、

人体は、またひとつ新しい発見を得ることができます。

あなたの体を「より動きやすく=より弾きやすく」させるのも、また、

あなた自身の気づきなんです。

その自分の体の「新しい発見」「気づき」を促すために、フェルデンクライス・メソッドを用いて、レッスンを進めていきます。

▼詳しくはこちら


「練習してもなかなか上手くならない」
「こんなに緊張して弾けなかっただろうか」
ちょっとした違和感を抱いている方、

「指が意思とは反対に動く」
「震えてコントロールできない」
ジストニアでお悩みの方、

「自分の弾き方を見直したい」
「演奏法ってどうやって学ぶの?」
自分の可能性をもっと広げたい方、

フェルデンクライスを用いた「フィジカルトレーニング」で、
今までとは違うアプローチで楽器に向かうことができるようになります。
その変化は【あなたと楽器をより自然な関係】へと導いてくれるでしょう。