Conscious control and willpower, when properly directed, often improve certain details here and there, but intellect is no substitute for vitality.

A sense of the futility of life, tiredness, and a wish to give it all up is the result of overtaxing the conscious control with the tasks the reflexive and subconscious nervous activity is better fitted to perform.

意識的なコントロールや意志の力は、適切に用いられれば、ある程度の細かいことを向上させられます。

しかし、知性は活力の代わりに全くなりません。

人生の無力感、疲れ、諦めは、反射機能や無意識の神経活動が担うべきものを、意識的なコントロールでやり遂げようと無理する結果、生じます。

引用著作 : The Elusive Obvious – p69

Enokuからの解説

「歴史上最高のサッカー選手」との呼び声も高いリオネル・メッシのインタビューを先日見ていました。

インタビュアーから「なぜこのようなドリブルができるんですか?」と問われ、「さあ。一瞬のプレーだからね。一瞬のプレーだから考えている暇はないんだ。とっさの判断でうまくいっただけ。」と答えていたのが、印象に残りました。

わたしたちも当たり前のように、座ったり、立ったり、歩いたり、話したり、食べたりしますが「なぜできるんですか?」と問われたら、どう答えるでしょうか?

・・・もちろんわたしたちの意志で行っている行動ですが、一々考えてしているわけではありません。いわば「半自動運転」なのです。

この半自動運転をつかさどるのが、「セルフイメージ」です。

人はそれぞれ「自分自身をどのように感じているか(セルフイメージ)」という基準に従って行動します。

ですからセルフイメージを変化させるのでなければ、知性や意志の力で絶えず矯正し続けるしかありませんし、それでは疲弊してしまいます。

フェルデンクライス・メソッドのレッスンは、正しい動きに矯正するためのものではなく、より豊かなセルフイメージを脳に学習させるためのものなのです。

おすすめ記事